M字ハゲは男性と女性を比較した場合に男性の方が明らかに多くなっていますが、これは男性ホルモンの影響を受けることによって薄毛になりやすいことが理由の一つとして言われており、直接的に男性ホルモンの影響を受けることで薄毛が進むこともあります。

 

一方で、女性の場合は男性ホルモンの分泌が少ないことに加えて多く分泌されている女性ホルモンが髪の毛の健康を促す効果をもたらすことから、この効果によって男性と比較した場合に薄毛の女性は少ないという特徴があります。

ただし、女性の中にも男性ホルモンが過多で女性ホルモンの分泌が少ない女性もいて、このような女性だとM字ハゲの薄毛になることもあるので女性だから必ずしも発症しない薄毛の症状とは言えない部分もあります。

 

また、M字ハゲになった場合の対策としては育毛剤の使用が一般的になっていますが、男性の場合は男性専用、女性の場合は女性専用のものを購入して使用することが大切で性別にあわせて購入をするというのもポイントになります。

 

M字ハゲは生活習慣のバランスが乱れることによっても症状を悪化させることもあるので、日々の生活の中で頭髪や頭皮へ負担がかかってないかということも把握しておきたい部分になります。

 

また、薄毛の症状は時間をかけて少しずつ改善していくことになるのですぐには治らないという点にも注意が必要ですが、育毛剤の使用においても効果に焦りすぎないようにすることが使用におけるポイントになります。